1. ホーム
  2. M性感コラム
  3. ≫M性感風俗が無かった時の店選びのコツ

M性感風俗が無かった時の店選びのコツ


M性感風俗は人口がある程度いる町、もしくは人が集まるような観光都市などにはだいたいは存在しますが、少し地方に行くと店舗が無い!という場合があります。ではそんなときにはどうすればよいのでしょう?

代用案を考えよう!

まずは「代用」です。ぴったりとM性感風俗のジャンルの店がなかったとしても、大きな駅の近くなどでは何かしらの風俗店はあると思います。

その中で、風俗エステや風俗マッサージ店などなら代用がききます。店の前に看板がでてることが多いので、よく吟味しましょう。

もちろん、度を越したリクエストは聞いてもらえませんが、少しくらいのわがままであれば聞いてもらえる可能性は高いです。

同様にホテヘルやデリヘルでも代用は可能です。

サービス嬢が選べなくてよくわからない時は、自分の好みを聞いてもらえそうな嬢を店員に推薦してもらいましょう。一番近いタイプの嬢であれば、満足感を得られるでしょう。

地域をずらす・派遣してもらう

「地域を少しずらす」というのも有効です。まったく大都市がないほどの地域であれば、都会に出るしかありませんが、電車にのれば比較的近くに大きな駅はある、というのであれば地域を少しずらして探してみましょう。

ポイントは「完全に若者しか集まらない町」を外して、「ホテルが多いエリア」を探すことです。

M性感風俗もしくは、それに近いジャンルのホテヘルやデリヘルはホテル街に集中して店を出しています。そのエリアでなければ、少しずらして探してみれば、また新たな発見があるかもしれません。

少しその応用ですが、「他地域から派遣してもらう」という手段もあります。

自分の所にないなら、あるところから派遣してもらう、という考え方です。ただ他地域から嬢に来てもらうと別途交通費が請求されたり、到着までに時間がかかったりすることがあります。

電話をかけるときに、そのあたりははっきりと聞いておきましょう。

オプションで代用する

「オプションにかける」という方法もあります。

ふつうのピンサロやファッションヘルス、デリヘルなどの基本コースに極度のM性感サービスが組み込まれていることはあまりありませんが、オプションでそういったサービスがある場合があります。

自分が望むサービスをオプションで付けていけば、望み通りのサービスを受けることができるはずです。

ただし、この方法は基本料金に追加オプションを足していく形になりますので、料金が跳ね上がる可能性があります。全部足していくのではなく、自分が望むものだけを足していくようにしましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。